脂性肌のためのシミ対策

紫外線の最も強い季節は5月〜と言われています。
シミに繋がるものですから、日常の紫外線対策をしっかり行い、美白を保ちたいものですよね。

紫外線対策をしっかり行っても、肌質によってシミのできやすさは違ってきます。
脂性肌の人はシミができにくい肌質といわれています。
しっかり紫外線対策を行っているのにもかかわらずシミができるのは、今まで使ってきた洗顔料や化粧水などの基礎化粧品や、ファンデーションなどのベースメイク用品を見直す必要があるといえます。

しっかりと落としきれていない、顔に残ってしまった皮脂や化粧品に含まれる油分は、肌の上で酸化して過酸化脂質になり、肌を老化させる原因になります。脂性肌の方は人より脂が多く分泌されるため、酸化が進んでしまうのです。
これがシミの原因になってしまうのです。
それに加え、肌のくすみやシワの原因にもなりますので、特に洗顔料は慎重に選びましょう。
洗顔前にクレンジングを行う、ダブルクレンジングも効果的です。
毛穴の汚れまで浸透するジェルクレンジングなどがよいですね。

アヤナスのbbクリームを購入する