借金の整理について

借金整理を頼むなら弁護士か司法書士どちらが良いか?
と言う話はあちらこちらでよく耳にします。
当然「借りた金は返すもの」ですが、どうしても返すことができない事情と言うのもあります。

どうしても返せない時が来たら、あとは「整理」する方法を模索してみるしかありません。整理方法はいくつからいます。
当事者同士の話し合いでは解決が難しいため、多くのケースでは弁護士や司法書士などの代理人をたてて解決することになります。

そこで、弁護士と司法書士の違いについても良く知っておく必要が出てくるのです。

借金を整理する代理人の役割
法律上で代理人の資格を持つ弁護士か司法書士に依頼することになります。
弁護士はすべての法律業務を扱うことができる職業です。弁護士になるには難関と言われる司法試験に合格してから、司法研修所を卒業して、弁護士会に所属することになります。代理人としての知識がすべて備わっていると言う前提で、すべての訴訟代理人を務めることができます。

一方で司法書士は、司法書士試験に合格して、司法書士会に所属しますが、司法書士は本来弁護士を補完する登記や供託などが主たる業務ですが、法務省の研修を受けると「認定司法書士」となって、簡易訴訟の代理人を務めることができます。

弁護士と司法書士の2つの資格は、個人の能力の有無ではなく法律上の資格を定めたものですから、借金の解決に特化すると弁護士よりも司法書士の方が詳しい場合もあります。

ただし司法書士は限られた範囲でしか法律業務を行えないため、案件によっては取扱いに制限を受けることがあります。

その制限についてよく理解した上で、選ぶことになります。
司法書士の方が、制限があるが報酬は低く、弁護士の方は制限がないが報酬は高いと言うケースが多いようです。

あなたも借金の整理をするにあたってご参考にしてみてください。