配置図

車庫証明の際に、保管場所の所在図、配置図を提出する必要がありますが、でもそんなに難しく考える必要はありません。所在図はそれを見て誰もがその車の持ち主の自宅と駐車場所へ行くことができるようにする書類、配置図は車を置くスペースと、道路から出入りを確認するための書類と考えることができます。所在図ですが、自宅と駐車場所の生き方という位置関係がわかるように、方角や目標物を入れた地図を記入すれば、いいです。配置図ですが、それは所在図の駐車場を拡大したものと考えることができます。どのように書けばよいのでしょうか。駐車場所に入る道路と駐車場所の増加きますまた道路の幅と駐車場所の縦、横の寸法も記入します。最後に駐車場の部分を赤い線で囲み保管場所と書き込みます。所在図とか配置図と聞くとかなり難しく思えるかもしれませんが、かなり簡単な地図で構いませんので、難しく考えずに自分で記入してみましょう。車買取に千葉へ