日焼けのデメリット

日焼けのデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。肌の日焼けを紫外線によってすることであるデメリットとはどんなものなのでしょう。かつては子どもは小麦色になるくらい日焼けしたほうが丈夫に育つと言われていました。最近一般的なのが、子どもの頃から日焼け対策が大事だという考え方です。健康上のいろいろな問題の原因に、日焼けがなることがあるからだそうです。よく耳にする日焼けによるデメリットは、しみやしわが肌に増えてしまうことです。原因は加齢だけではく、年をとるとしみやしわが多くなると言いますが他にも要因があります。

紫外線によって長期間積みかさなった紫外線の影響が、年齢を重ねると同時に目に見える形で表面に出てくるのです。お肌のしみは、日焼けなどでつくられるメラニン色素によるものです。肌にメラニン色素ができても古くなった皮膚と共に体外に排出されるのが若いころで、新陳代謝が活発なことが理由です。年を取ると肌の代謝が遅くなり、シミやくすみが残りやすくなります。光老化という作用が紫外線にはあり、年齢を重ねるにつれて弾力がなくなり、たるみやくすみが目立つようになってくるのが若いころに日焼けをした肌です。体内の活性酸素が多くなることも、紫外線のデメリットとしてあげられます。もともとは体外から侵入したウイルスなどを守る役割が活性酸素にはありますが、内臓や皮膚に少しずつダメージを与え、悪影響いろいろと与えるといいます。太陽光の下で活動する時は紫外線に注意し、できるだけ日焼けをしないように心がけましょう。

安い植毛