メカニックって高給?

自動車整備士の高齢化、人員不足が問題視されつつあります。整備士の仕事は、見た目以上にキツイ仕事であると良く聞きます。

仕事がキツイのであれば、給与はさぞかし良いのだろうと思いきや、それがそうでもないようです。ディーラーに就職できればまだよい方ですが、一般の民間工場だと独身で24歳で手取り15万なんて所も珍しくありません。

一般的に自動車整備士の年収は、200万円台からスタートし、40代後半でピークを迎えます。厚生労働省の平成30年賃金構造基本統計調査ですと、自動車整備士の平均年収は36.8歳で427万円となっています。

先に述べたように、ディーラーですと年収が500万を超える場合もある様ですので、それだけ中小の工場との給与の差が激しいのでしょう。

人口の減少、若者の車離れ、自動車の電動化など自動車整備業界にとっては厳しいい環境であると言えますが、逆にキャリアを身に着けた整備士は好待遇での求人があるのも現実です。

期間限定の整備士200名、大量採用のプロジェクトがあります。以下のサイトをご覧ください。

 

https://superspeedycidercon.com/